シュガーリングの所要時間

    横浜シュガーリングsimples

    横浜シュガーリングsimples

    シュガーリングで毛が抜ける原理 

    シュガーリングはブラジリアンワックスと違って、パッと塗ってバッと剥がして! の繰り返しとはちょっと違います。

    お砂糖を水とレモン汁で煮詰めて冷ましたシュガーペーストを、ゆっくり肌に(厳密にいうと毛の根元に)塗って、しっかり根元につけたらサクッと剥がします。

    そのゆっくりとした所作に、仕上がり時間が遅いと思われがちですが、ブラジリアンワックスと所要時間はほぼ変わりません。

    初めての方でカウンセリングを含めると45分、リピーターの方ですと15分ほどで終わる方もいます。
    痛みに弱い方、汗かきの方などは少し時間がかかる傾向にあります。


    シュガーリングの、そのゆっくりと見える所作に、実はブラジリアンワックスと大きく違うところがあります。

    シュガーリングは、外気温や施術者の手の温度、お客様の肌の熱でテクスチャーが変わります。
    夏だと柔らかく、施術者の手の温度が高いと柔らかく、お客様の体温が高いと柔らかくなります。
    逆に冬や冷え性の方などでシュガーペーストは固くなります。

    このテクスチャーが変化することに、とても大きな意味があります。

    シュガーリングは、熱で柔らかくなることで毛の根元のくぼみ(毛漏斗「もうろうと」と呼びます)に入り込み、毛抜きやワックスではキャッチすることができない毛の根元の深い部分からしっかり掴み、抜くことができます

    ワックスの場合、毛漏斗に入り込む前に固まってしまうため、肌の表面上は一見毛が抜けて綺麗になったように見えても、実はところどころ肌の下で切れ毛を起こしてしまっているのです。
    そのため、シュガーリングより仕上がりの滑らかさや持続期間が劣ります

    シュガーリングのゆっくりとした所作には、毛漏斗にシュガーをしっかり食い込ませて、切れ毛なく完全に抜くという秘密があったのです。

    さて、あなたはまだブラジリアンワックスですか?目​​​​​​​
    関連記事
    現在、プレオープンキャンペーン中です!
    2018年6月30日ご予約分まで、VIOシュガーリングを含む全てのメニューが、各1,000円引きとなります乙女のトキメキ
    ご予約はこちら→ https://reserva.be/simples

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply