シュガーリングがブラジリアンワックスより埋もれ毛が出来にくい理由

    横浜シュガーリングsimples

    横浜シュガーリングsimples

    ひざ下の脱毛

    シュガーリングは、ブラジリアンワックスより埋もれ毛が出来にくいと言われています。
    脱毛と埋もれ毛は高い因果関係があり、切っても切れない深い関係にあるといえます。

    そもそも埋もれ毛とはなんでしょうか?


    私たちの皮膚は、もちろん1枚の皮だけで出来ているわけではありません。

    皮膚の角質層 ↑こーんな感じの皮膚の断面層、見たことありませんか?

    皮膚は何層にも重なっていて、新陳代謝によって古い層は剥がれ、新しい層が表面に出て来ます。
    このとき、シュガーリングおよびブラジリアンワックス、毛抜きで抜いた毛(他にも埋もれ毛になる原因はありますが、今回はこの処理法にしぼります)は毛先が細いため、表面の層を打ち破ることが出来なかった毛が、下の層で生えたり、毛先が丸まって黒い塊のように見えたりします。

    それでも、正常な新陳代謝(皮膚は28日と言われています)を過ぎれば表面の層も剥がれて、埋もれていた毛は表面に出てくるはずなんです。

    が。


    皮膚の層は傷つけられたり乾燥することで硬くなり、より脱毛したあとに生えてくる毛を埋もれやすくします。
    ワックス脱毛は粘着力が高いため、必要な角質まで取りすぎたり、目に見えない細かな傷を表面に付けてしまい、傷ついた角質は肌を守ろうと、さらに代謝をあげます。

    そうして異常な代謝が起こり続けた肌は、埋もれ毛が出来やすいだけでなく、ゴワゴワしたり、ツルツルしたラップのような表面になったり、ちょっとした化粧水を付けても沁みてしまう「敏感肌」になったりします。

    「ワックスで余分な角質を取ってツルツル肌に♡」
    などのキャッチコピーに飛びつきがちですが、毎月のケアとしてはワックス脱毛は強すぎです。

    シュガーリングは、自然に剥がれ落ちるであろう不要な角質しか取りません。
    さらに、砂糖は天然の保湿効果と傷を治す効果があると言われています。


    埋もれ毛の軽減のみならず、お肌のことを考えたら、毎月の脱毛にはシュガーリングの選択以外考えられません

    さて、あなたはまだブラジリアンワックス?目
    関連記事
    現在、プレオープンキャンペーン中です!
    2018年6月30日ご予約分まで、VIOシュガーリングを含む全てのメニューが、各1,000円引きとなります乙女のトキメキ
    ご予約はこちら→ https://reserva.be/simples

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply