シュガーリングで永久脱毛!?

    横浜シュガーリングsimples

    横浜シュガーリングsimples

    諸外国では

    シュガーリングには永久脱毛の効果があります

    な~んて声高に言われています。


    日本では永久脱毛というと、レーザー脱毛や光脱毛のことを指すことがほとんどなので、シュガーリングで永久脱毛なんていうと日本人の感覚では違うと思いますが。

    シュガーリングで毛が薄くなりました」でもお伝えしましたが、ブラジリアンワックスに比べてシュガーリングを始めたときのほうが、より毛が薄くなったことを実感できました。

    それは、シュガーリングの毛の抜き方によるものです。

    シュガーリングの毛が抜ける原理

    上の図をごらんください。(会議みたいになっちゃってる)

    シュガーリングは毛の流れに逆らって、毛の生え際のさらに奥まで溶かすようにシュガーペーストを入れ込みます。
    ブラジリアンワックスでも毛の流れに逆らってワックスを塗布し毛を抜くことがありますが、ワックスの場合は溶け込んで毛の根元に入り込むことができないので、肌表面に出ている毛をつかむことになり、切れ毛の原因になりやすくなります。
    シュガーペーストは毛のくぼみ(毛漏斗と呼びます)からしっかりつかむことで、切れ毛になることなく毛根から毛を抜くことが出来ます。

    毛が脱毛途中で切れてしまうと、根元から毛が抜けるより早く毛が肌表面に露出してきてしまいます。
    これが「ブラジリアンワックスよりシュガーリングのほうが脱毛効果が長持ち」といわれるゆえんです。

    ただ、私も定期的なシュガーリングで毛が薄くなったと実感していますが、毛が薄くなったとしても、シュガーリングをやめて何ヶ月も放置すれば、元までとはいかなくとも、少しは生えてきてしまうのではないかな? というのが私の感想です。

    米国電気脱毛協会では、「永久脱毛という言葉の定義は、脱毛の施術を完了してから、1か月が過ぎた時点での毛の再生率が脱毛施術前の20%以下の状態のことである」とされています。

    日本語の「永久脱毛」という言葉からすると、ちょっと意味が離れている気がしますよね。
    そして、この米国電気脱毛協会の「永久脱毛」という概念からすると、定期的に続けたシュガーリングは永久脱毛になりえる、と説明することができるといえます。

    ただ、日本語の永久脱毛と言われると違う気がしますし、私はシュガーリングのいいところは最大限肌をケアしながら定期的な脱毛ができる、というところだと思いますので、「永久脱毛」を求めるなら光脱毛やレーザー脱毛でいいと思います。
    特に日本人は毛が黒くて肌が白い方が多いので、レーザーを用いた脱毛が出来ないということはありません。

    毛の色素が薄い白人や肌が黒い黒人は「黒いものに反応する」という特性のレーザー脱毛は効果が薄かったり火傷のリスクがあったので、ワックス脱毛やシュガーリングが一般的になったのです。

    結論
    月に1度の定期的なシュガーリングは発毛を少なくする!

    だまされたと思って、一度お試しあれウインク
    関連記事
    横浜のシュガーリングサロンsimples(シンプレス)へようこそ!
    RESERVA予約システムから予約する
    LINE@からもご予約可能です乙女のトキメキ

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply