ブラジリアンワックスとシュガーリングの毛の抜け方は違うの?

    横浜シュガーリングsimples

    横浜シュガーリングsimples

    ブラジリアンワックスとシュガーリングでは毛の抜け方が違います。
    毛の抜け方による一番の違いは、切れ毛が少ないことと、皮膚への負担が少ないことです。

    シュガーリングは毛の根元のくぼみの、さらに奥から毛を掴んで毛の流れに沿って毛を抜くので、切れ毛が少なくかつ皮膚をあまり引っ張らずするりと毛を毛根から抜くことが出来ます。

    ブラジリアンワックスは、毛の流れに沿ってワックスを塗布し毛流れに逆らって塗ったり、毛の根元にワックスが絡むよう、円を描くようにワックスを塗布したり、毛を逆立てて塗布していくのに対して、シュガーリングは毛の根元にシュガーペーストを塗り込んで、毛のくぼみまでシュガーペーストが溶け込むようになじませながら、毛の流れに沿って抜いていきます。


    除草作業や大根などの収穫作業を思い浮かべてほしいんですが、土の上に生えている草を何も考えずに抜くと、土の下にどのように根っこが生えているか分からないので、根っこが土を破るように抜けて、表面の土はボコボコになりますよね。

    根っこがどの方向に向いているか分かれば、根っこの向いている方に向かって抜けば土はそれほど盛り上がらず、するりと綺麗に抜けるはずです。
    シュガーリングも同じで、皮膚の下の毛が向いている方向に逆らわずに抜けば、皮膚をそれほど引っ張ることなく、するりと負担なく抜けてくれるのです。


    ・・・・え?
    野菜の収穫作業の例えのくだりがイマイチ分かりづらい・・・??


    うそ・・・・・・・真顔​​​​​​​


    まぁいっか(よくない)。

    シュガーリングの毛が抜ける原理 

    ていうか図で説明してるやつあったーーーーーーー!!!!!


    はい。
    うるさいですね。
    すみませんでした手​​​​​​​
    関連記事
    横浜のシュガーリングサロンsimples(シンプレス)へようこそ!
    RESERVA予約システムから予約する
    LINE@からもご予約可能です乙女のトキメキ

    Comments 0

    There are no comments yet.

    Leave a reply